Volkswagen(フォルクスワーゲン)の特徴

ドイツの自動車メーカー

Volkswagen(フォルクスワーゲン)の特徴

Volkswagen

 こちらのページでは、Volkswagen(フォルクスワーゲン)特徴について、わかりやすく解説しております(^^)


Volkswagen(フォルクスワーゲン)の代表的な車種
ゴルフ ポロ ニュービートル

 Volkswagen(フォルクスワーゲン)=「大衆車」という意味ですが、フェルディナント・ポルシェ博士がアドルフ・ヒトラーの命により、1934年に「ドイツ国民みんなが乗れる小型自動車を作ろう!」という構想の元に誕生しました。

その後Volkswagen(フォルクスワーゲン)は戦火の中、軍用車の生産に追われることになりました。

戦争が終わると、Volkswagen(フォルクスワーゲン)は本格的に大衆車の製造を行い、タイプI(ビートル)という車が世界中に輸出されました。

タイプはI、四輪自動車としては世界最多となる「生産台数2,152万9,464台」の記録を打ち立てた伝説的大衆車です。

今なおビートルという名前で、ほぼ外観は変わらずに根強いファンがいます。時代は変わってもいいものはいい!ということですね(^^)

Volkswagen(フォルクスワーゲン)のボディデザイン

 Volkswagen(フォルクスワーゲン)のボディデザインは、悪くいえば特徴が少ないともいえますが、逆に言うとベーシックなデザインということなので、飽きがこず時代を超えて愛し続けられています。

最近の車種ではボディデザインを一新し、以前よりも鋭いフロントマスクになっています。

ワーゲンは他のドイツメーカーの中でもエンブレムが大きいサイズになっており、デザインの一部として主張しています。

Volkswagen(フォルクスワーゲン)のインテリア

 Volkswagen(フォルクスワーゲン)はドイツ車の中では一般大衆向けのリーズナブルなモデルが多いですが、内装は国産車に比べると非常に上質です。

余計なものは極力つけず、必要なものだけをきちんと装備した内装は無駄がなく、ファミリーカーとしても人気があります。

シートは固めですが長時間座っていても疲れれにくく、しっかりと体を包み込んでくれます。

Volkswagen(フォルクスワーゲン)の走り

 Volkswagen(フォルクスワーゲン)は大衆の一般的な車の使い方である街乗りを想定しているため、女性でも扱いやすいエンジン特性で、小排気量なモデルでも必要十分な走行性能を持っています。

かといって高速巡航が不得意かというとそうではなく、ドイツのアウトバーンを想定しておりますので、高速走行でも十分な走行安定性を持っており、街乗りから高速走行まであらゆるシーンに対応します。


 以上が、Volkswagen(フォルクスワーゲン)の特徴の解説です(^^)

公式サイト→Volkswagen Interactive

高いドイツ車も
中古車なら購入できる!

 ベンツ・BMW・アウディ・VWなどのドイツ車は、輸入車でありプレミアムブランドですから、国産車に比べると基本的には車体価格は高くなります。

しかしドイツ車には日本車にはない魅力がありますので、どうしても手に入れたい!そういうときにはドイツ車の中古車を購入するという選択肢があります。

最近のドイツ車は壊れにくく中古車でも十分に良質な車が手に入ります。中古車販売シェアNO.1ガリバー をご紹介しておきます(^^)

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

ページの一番上へ>    次のページ→Porsche(ポルシェ)の特徴
サイトのTOPページへ