Audi(アウディ)の特徴

ドイツの自動車メーカー

Audi(アウディ)の特徴

Audi

 こちらのページでは、Audi(アウディ)特徴について、わかりやすく解説しております(^^)


Audi(アウディ)の代表的な車種
A4 A1 A5

 Audi(アウディ)は、「アウディ」「DKW」「ホルヒ」「ヴァンダラー」の4メーカーが連合し設立したブランドで、4社を表した4つのシルバーリングがメーカーのロゴとなっています。

1964年にはフォルクスワーゲンの傘下になり、フォルクスワーゲングループ内のプレミアムブランドとして位置づけられていました。

Audi(アウディ)は1980年代に入ると、独自の4輪駆動システム「クワトロシステム」を開発し、当時に二輪駆動が常識だったラリー界に旋風を巻き起こしました。

現在のAudi車は、ほぼすべてのモデルがクワトロ(4輪駆動)を採用しています。

Audi(アウディ)はフォルクスワーゲンの傘下になってはいますが、今やベンツやBMWと肩を並べるプレミアムブランドとして成長し、短期間で飛躍的に成長した自動車メーカーです。

Audi(アウディ)のボディデザイン

 Audi(アウディ)といえばシングルフレームグリルが特徴的で、3代目A6で初めて採用されて以降、さまざまなモデルに採用されています。

シングルフレームグリルは大きく口を開けたようなインパクトがあり、その中に光るシルバーリングのメーカーエンブレムが際立ちます。

Audi(アウディ)はかつてラリーレースで活躍したこともあり、スポーティーなデザインが多いのですが、スポーティーな中にも高級感のある絶妙なボディデザインをしています。

従来ボディデザインがおとなしいと評されていましたが、最近は若者層をメインターゲットとし、デザイン的にもBMW、メルツェデス・ベンツに引けを取らない押しの強いデザインを取り入れ、フロントマスクが睨み付ける様なデザインのモデルも増えてきました。

Audi(アウディ)のインテリア

 Audi(アウディ)車のインテリアは、非常に上質で高級感あふれる内装になっています。シートの座り心地もよく、高級セダンらしい上質さを持っています。

運転席周りはドイツ車らしい重厚な作りになっており、シンプルな造りですが、質感が高く落ち着きを与えてくれるようなデザインになっています。

Audi(アウディ)の走り

 Audiは独自の4輪駆動システム、クワトロシステムを発明したように、走りを非常に重要視しており、非常に安定した走りとパワーのある走りを実現しております。

それでいてエンジン特性は、運転者の感性になめらかに反応し、アクセルを踏み込めばトルクのある加速をみせ、高速道路での巡行も大得意です。


 以上が、Audi(アウディ)の特徴の解説です(^^)

Audi(アウディ)は、吸収合併という激動の時代を潜り抜け、インパクトのあるフロントマスクと独自の4輪駆動システム「クワトロ」を武器に、今なお躍進している自動車メーカなのです!

公式サイト→Audi Japan

高いドイツ車も
中古車なら購入できる!

 ベンツ・BMW・アウディ・VWなどのドイツ車は、輸入車でありプレミアムブランドですから、国産車に比べると基本的には車体価格は高くなります。

しかしドイツ車には日本車にはない魅力がありますので、どうしても手に入れたい!そういうときにはドイツ車の中古車を購入するという選択肢があります。

最近のドイツ車は壊れにくく中古車でも十分に良質な車が手に入ります。中古車販売シェアNO.1ガリバー をご紹介しておきます(^^)

中古車見積もりは5分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

ページの一番上へ>    次のページ→BMWの特徴
サイトのTOPページへ