ドイツ車の高い安全性

ドイツ車の基礎知識

ドイツ車の高い安全性

 こちらのページでは、ドイツ車高い安全性について、わかりやすく解説しております(^^)


  「ドイツ車は頑丈にできているから安全」という話をよく聞きますが、これは本当の話です。そもそもドイツ車と日本車は車の造り方が違います。

ドイツ車は、アウトバーンと呼ばれる約半分が速度無制限の高速道路で使用する事を想定しています。ドイツ車であればどんなに小さなコンパクトカーでもアウトバーンを走ることを想定しています。

ドイツ車はアウトバーンで、時速200km以上で巡航走行する事を想定し、また、年間の平均走行距離が、40000〜50000kmという使用状況で車が設計されています。

対して日本車は、高速道路で時速100km程度を想定し、主に市街地走行、年間の平均走行距離が、10000〜20000kmで設計されています。

ドイツ車と日本車というのは、そもそも想定されている車の使用条件が全く違うので、ドイツ車の方がボディのフレームやサスペンション、ブレーキなどの性能が高いレベルで保持されるのです。

また、現在の車は一般的にモノコックボディーを採用しています。

モノコックボディーというのは、フレームの上にパネルなどボディーを貼り付けるのではなく、フレームとボディーを一体化することで、軽量化でき剛性も高くなる構造のことを言います。

ドイツ車も日本車もモノコックボディーという構造は同じなのですが、モノコックボディーは「スポット溶接」と呼ばれる特殊な溶接でつなぎ合わされます。

スポット溶接の数が多ければ多いほど剛性が高くなるのですが、日本車よりもドイツ車の方が数が多い場合がほとんどです。また、ドイツ車の方が使用されるフレームやパネルの厚みもあります。

また、日本車の場合、基本的にアウターパネルとインナーパネルを合わせるだけですが、ドイツ車の場合は強い力の掛かる部分には、アウターパネルとインナーパネルの間にもう一枚パネルを入れたり、パネルを合わせて出来る空間に補強材(発砲ウレタン)などを仕込みさらに強度を上げます。

最近の日本車の中にはコストダウンのために、場所によっては接着剤で貼り合わせているだけのものもあります(^^;)


 以上が、ドイツ車の高い安全性の解説です(^^)

ドイツ車は想定されている条件が違うので、剛性が高く頑丈に造られます。ボディーの剛性が高いということは、走行性能が上がるだけでなく、もし万一事故が起こったときも安全だということになります。

現に、NCAPと呼ばれる世界中で行われている自動車衝突安全テストがあるのですが、ドイツ車はどれも高い評価を得ています。

一方日本車はレクサスなど一部の高級車では高い評価を得ているのですが、それ以外は本当に安全?と疑いたくなる車も多々あります(^^;)

高いドイツ車も
中古車なら購入できる!

 ベンツ・BMW・アウディ・VWなどのドイツ車は、輸入車でありプレミアムブランドですから、国産車に比べると基本的には車体価格は高くなります。

しかしドイツ車には日本車にはない魅力がありますので、どうしても手に入れたい!そういうときにはドイツ車の中古車を購入するという選択肢があります。

最近のドイツ車は壊れにくく中古車でも十分に良質な車が手に入ります。中古車販売シェアNO.1ガリバー をご紹介しておきます(^^)※氏名・電話番号は正しく入力しましょう!

中古車見積もりは3分で終わります。すぐにガリバー が条件に合う中古車を探してくれます!

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ